自転車(ロードバイク)でパワートレーニングを行う方法 Part.1 FTP測定編

TACX_BM2

ようやくパワーメーターを手に入れて、これからパワートレーニングを始めようとします。

 

 

まず始めに何をしますか

 

 

サイクルコンピュータを見ながら走行時のパワーを楽しむのも一つですが、トレーニングとして考えた場合は、まず始めにに自身の体力レベルと同時にトレーニングの強度を決めるための指標を調べることをオススメしています。

 

 

それがFTP(Functional Threshold Power)と言われるものです。

 

 

この「FTP」とは機能的作業閾値パワーのことで「1時間の間、持続可能な最大パワーの数値」を表しています。パワーメーターを手に入れたら、まず始めにFTPを測定しましょう。

パワートレーニングを行うために用語を知ろう

2017.03.03

 

 

 

いきなりですが、ここで筋トレをイメージしてみます。

bodybuilder-646482_960_720

 

 

例えば夏にむけて胸板を厚くしたい」場合は、たった1回だけ挙げることができる重量(1RM=1回の限界挙上重量)67〜85%(6〜12回あげることができる重量)でトレーニングを繰り返すと、最も筋肉が大きくなると科学的の証明されています。

 

 

そんな筋トレでいう1RMがFTPであり、目的目標に乗っ取った数値(強度)でトレーニングを行うのがパワートレーニングです。

 

 

FTPテストの方法

f4c6e63f1fe14dd09234969f1e82df4d

 

 

話を元に戻しますが、FTPを測定する方法は大きく分けて2つあります。

 

 

FTPテストの方法

  1. 60分間ギリギリ走行することができる出力を出す
  2. 20分間ギリギリ走行することができる出力に係数(0.95)を掛けた数値を出す

 

【数値を正確に出すための注意点】

  • 毎回同じ道かホームトレーナーで行い、日中のなるべく同じ時間帯、同じ天気の時に行いましょう。
  • ストレスや睡眠不足といったパフォーマンスに影響を与えるような外部要因を極力排除しましょう。

 

 

個人的な意見としまして、60分間ギリギリ走行する方法でFTPテストを実施したことがありましたが、60分という時間が長いこともあり、肉体的および精神的な疲労の影響で、集中力が欠けてしましました。

 

 

その際の数値を基準にトレーニングした際に、トレーニング強度が正確でなかったように思えます(20分間FTPテストの方が強度的にしっくりきました)。よって、20分間ギリギリ走行した時の平均出力に係数(0.95)を掛けた出力でFTPを算出することをオススメします

 

 

FTPテストの方法

  1. 20分間…ウォーミングアップ
  2. 5分間…全力走
  3. 10分間…楽なペースで走る
  4. 20分間…FTPテスト(タイムトライアル)
  5. 10分間…クールダウン

 

【FTPテストの例】

20分間の平均パワーが300wだった場合は300w×0.95と計算して算出された数値(285w)が、その人のFTPということになります。

 

 

こうしてFTPを算出したら…

 

 

いよいよパワートレーニング開始です。

 

 

効率よく体力レベルを向上させるために「パワー・トレーニング・テーブル」を使用してトレーニングを進めていくことをオススメします。

自転車(ロードバイク)でパワートレーニングを行う方法 Part.2 パワー・トレーニング・ゾーン編

2017.02.07

 

 

そのために、まずはFTPテストを実施し、自身の体力レベルとトレーニングの指標をしりましょう!

 

 

FTPの測定頻度について

gahag-0056691844-1

トレーニングを積み重ねることで、FTPは常に変化します。

 

この記事の初めにも述べたように、FTPは体力レベルを表す数値だけでなくトレーニングの指標となるため、もちろんパワートレーニングの全体の強度も変わります。

 

 

適正なトレーニングをおこなえるように、FTP測定の頻度としては、最低でも年に3回(シーズン前の2〜3月、シーズン中の7〜8月、シーズン後の11〜12月)は測定することをオススメします。

Q.3 いまさらだけど、トレーニングの組み方を考えよう。

2017.01.16

 

 

順調に体力レベルを向上させるためにも、常に自身を見つめなおしながらトレーニングしましょう。

スタジオに興味のある方へ

「自分の場合はどうしたらいいの?」「自分に合う方法はどのようなものがあるの?」と、トレーニングに関することでのお悩みなどがあれば、当スタジオにて毎月3名様のみ初回スタジオ利用が無料となっております。   興味のある方は、一度ご連絡ください。   

ABOUTこの記事をかいた人

愛知県名古屋市にてサイクリスト/トライアスリート専門のコーチをしている伊藤透です。サイクリストやトライアスリートに向けて、お役立ち情報をご案内していきます。