自転車(ロードバイク)でパワートレーニングを行う方法 Part.2 パワー・トレーニング・ゾーン編

まず始めに、パワートレーニングをする場合には、指標となる「FTPを測定しよう」とお伝えました。

[kanren postid=”404″]

 

 

FTPを測定したら、次は「パワー・トレーニング・ゾーン」という目的目標に分けた、7種類の強度に合わせてトレーニングを実施してきます。パワー・トレーニング・ゾーンは以下のようになっています。

 

 

スクリーンショット 2017-03-05 2.12.46

 

…この表だけ見てもわかりにくいですよね。

 

 

そこで、心拍数やRPE(主観的運動強度)を別とした、パワーのみの内容をまとめてみました。目的目標別の運動強度と運動時間は以下のようになっています。

 

 

[aside type=“normal”]7つのパワー・トレーニング・ゾーン

  • L1:Active Recovery
    疲労を抜く(FTPの55%以下)
    →体の疲れを抜くために30〜90分運動します。
  • L2:Endurance
    脂肪燃焼や持久力向上(FTPの55〜75%)
    →減量や長い時間乗るための体力をつくるようために1〜5時間運動します。
  • L3:Tempo
    持久力向上(FTPの76〜90%)
    →FTPの持続時間を向上させるために1〜3時間運動します。
  • L4:FTP
    持久力の上限であるFTP向上(FTPの91〜105%)
    →TTやエンデューロ、ヒルクライム能力を向上させるために8〜30分間運動します。
  • L5:Vo2max
    最大酸素摂取量向上(FTPの106〜120%)
    →ロードレースやアップダウンに対応する体力をつくるために3〜8分間運動します。
  • L6:Anaerobic
    無酸素運動能力向上(FTPの121〜150%)
    →アタックの掛け合いやロングスプリントを鍛えるために30秒〜2分間運動します。
  • L7:Sprint
    スプリント能力向上(最大努力)
    →スプリント能力を向上させるために0〜30秒運動します。

※( )は指定運動強度になります。[/aside]

 

なんとなくわかりましたか?

 

 

これからパワートレーニングを始める場合、まだわかりにくい部分があると思いますので、よりトレーニングがイメージしやすく、すぐにでも取り組めるように、目的目標別の簡単なトレーニングメニューをお伝えします。

 

 

パワー・トレーニング・ゾーンを使用したトレーニングの一例

Team GB chases in the Mens Olympic Road Race

 

 

まず、ヒルクライムやタイムトライアルで「1秒でもタイムを縮めたい」という場合はL4=FTPを伸ばす必要があるため、以下のように組みます。

 

 

[aside type=“normal”]ヒルクライムやタイムトライアル向けトレーニング

  • 【メニュー】3-4set ×{20分(FTP×0.95-1.05) + 5分(FTP×0.55以下)}
    →20分がトレーニング強度、5分が休息となります。
  • 【実数値】3-4set ×{20分(285-315w) + 5分(165w以下)}
    ※FTPを300wとセットした場合です[/aside]

 

 

次に、ロードレースやクリテリウムなどで「アタックやコーナーの立ち上がりについていけない」という場合はL6=Anaerobic Capacity(無酸素運動能力向上)を伸ばす必要があるため、以下のように組みます。

 

 

[aside type=“normal”]ヒルクライムやタイムトライアル向けトレーニング

  • 【メニュー】8-10set ×{1分(FTP×1.21-1.50) + 3分(FTP×0.55以下)}
    →1分がトレーニング強度、3分が休息となります。
  • 【実数値】8-10set ×{1分(FTP×363-450w) + 3分(165w以下)}
    ※FTPを300wとセットした場合です[/aside]

 

 

ロードレースやクリテリウムなどで「何度もアタックが掛かると、最初は大丈夫だけれど後半に持たない」という人もいると思います。その場合乳酸処理能力の向上などを目指す必要があるため、上記のトレーニングの休息である3分を2分または1分に縮めるなどの工夫しながらトレーニングをする必要があります。

 

 

このように、意図を持ってメニューを工夫すれば、メニューの数は無限大になります。皆さんも自身の目的目標に合わせたトレーニングを実施してみてくださいね。

[kanren postid=”538″]

[kanren postid=”625″]

 

 

パワートレーニングをより効率的に行うために

hqdefault (1)

 

 

体力レベルは、上記のパワー・トレーニング・ゾーンなどを利用してトレーニングを積み重ねていくことで伸びていきます。

 

自身に合った、より効率的なトレーニングをおこなうためにはパワープロフィールを知るといいでしょう。

[kanren postid=”460″]

 

 

また、パワートレーニングを実施した際に得られるデータを集約して管理することで、これからのトレーニングに大きく役立ちます。パワートーレーニングの管理に最適なTraining Peaks(トレーニングピークス)をオススメしていますので、こちらもぜひお使いください。

[kanren postid=”462″]